FC2ブログ
出張セミナー「ズバリ聞きたい!お葬式の実際」開催のお知らせ
こんにちは、八光殿四條畷の古屋です。

皆さんはコーヒーを飲まれますか?
スターバックスコーヒーやドトールコーヒーなど、
コーヒーと言えばコーヒーショップを思い浮かべるかもしれませんが、
何と、セブンイレブンが「セブンカフェ」として
淹れたてコーヒーの販売を始めたそうなんです。
コンビニ業界では、サークルKサンクスやローソンなども
淹れたてのコーヒーを販売していますので、これからは、
近くのコンビニで気軽においしいコーヒーが
飲めるようになるかもしれませんね。


さて今回は、大東市北新町にあります「北新町集会所」にて開催します

「ズバリ聞きたい!お葬式の実際」をご紹介致します。

以前に比べると、お葬式に関する話が
テレビや雑誌などでも取り上げられる様になりました。

様々なメディアを通じて
「家族葬」「エンディングノート」「直葬」などの
言葉を目にする機会も増えましたが、
それが実際にどのようなものなのか、ご存知ですか?

今回のセミナーでは、最近のお葬式事情を始め
お葬式の費用についてや「一般葬」と「家族葬」の違いなどなど
知っているようで意外と知らないお葬式のお話をご説明致します。

講師は、厚生労働省認定 葬祭ディレクター技能審査 1級葬祭ディレクターの
資格を持つ、私 古屋宏樹が務めさせて頂きます!

043_convert_20130211204455.jpg

家族葬で行うにはどうしたらいいのか?と言った疑問や
お葬式費用の不安などにもお応えいたしますので、お気軽にご参加下さい。

P1010036_convert_20110802195049.jpg
過去のセミナーの様子

当日ご参加頂いた皆様には
当社オリジナルのエンディングノート を進呈します。

ご近隣の皆様は、お気軽にご参加下さい

「ズバリ聞きたい!お葬式の実際」

開催場所 : 北新町集会所(大東市北新町12-1)

開催日時 : 平成25年2月27日(水) 10:00 ~ 11:00> 

費   用 : 無料


定   員 : 20名


お問合せ : 0120-66-8510




八光殿四條畷

ロゴ4-1-AY

club8510[1]
[2013/02/22 19:13] | 未分類 |
全葬連の活動が雑誌に掲載されました。
こんにちは、中河内葬祭の大町です。

当社が加盟している「全日本葬祭業協同組合連合会(以下、全葬連)」の活動が、
株式会社PHP研究所発行の雑誌「PHP ほんとうの時代 Life+ 6月号」に
掲載されましたので、ご紹介させて頂きます。

s-記事①


今回の記事は、5月号にも掲載された「安心できるお葬式講座」の後編です。

s-記事②  s-記事③

人生最後のセレモニーであるお葬式はやり直しがききません。
それ故に、後悔のないお葬式を行いたいものです。

納得できるお葬式をして頂くには、
安心・信頼できる葬儀社を選ぶことが大切になります。

そこで、安心・信頼できる葬儀社を選ぶポイントを
10点にまとめてご紹介しております。


安心・信頼できる葬儀社の選び方

①事前相談を行っている葬儀社ですか。
②相手の相談者の話に耳を傾け、その人の立場になって考えてくれていますか。
③提供するサービスや商品について、わかりやすく説明していますか。
④葬儀について、ビジネスとしてではなくきちんとした使命感を持っていますか。
⑤料金についての説明が、丁寧でわかりやすいですか。
⑥厚生労働省認定葬祭ディレクター技能審査に合格した、葬祭ディレクターがいますか。
⑦依頼した条件での見積書を作ってくれて、持ち帰ることができますか。
⑧「全葬連葬祭サービスガイドライン遵守事業所」ですか。
⑨近所に会館を持つ葬儀社ですか。
⑩葬儀後、法要などの相談にのってくれていますか。

以上の点を参考に、安心できる葬儀社をお選び下さい。


八光殿は全葬連の「葬祭サービスガイドライン」を遵守しております。

「葬祭サービスガイドライン」とは、お客様への分かりやすい説明や
見積り書の発行、ご相談への誠実な対応、遺族のプライバシー保護が定められた、
加盟葬儀社の行動指針です。

サービスガイドライン
このマークの事業所は信頼できる葬儀社の証です。

お葬式は、安心と信頼の全葬連加盟葬儀社「八光殿」にお任せ下さい!



株式会社 中河内葬祭

八光殿ロゴ


club8510[1]  bana_gomi.jpg
[2012/05/27 08:47] | 未分類 |
全葬連の活動が雑誌に掲載されました。
こんにちは、中河内葬祭の大町です。

当社が加盟している「全日本葬祭業協同組合連合会(以下、全葬連)」の活動が、
株式会社PHP研究所発行の雑誌「PHP ほんとうの時代 Life+ 5月号」に
掲載されましたので、ご紹介させて頂きます。

s-img010.jpg

今回の記事は、大きく分けて2つあります。

まずは「安心できるお葬式講座」と題された記事です。

お葬式とは古来よりいのちを引き継ぐための儀式であり
「亡くなった方の事を深く思い、その方との大切な関係を心に刻み、
深く悲しみ、鄭重に弔う」と言うように、家族はもとより、
その人と人生を分け合った方々が一緒に心を込めて送り出し葬ってきました。

しかし最近では、「家族葬」として一般会葬者を呼ばない葬儀が増え、
地域社会や職域社会との別れの場を排除してしまう傾向にあります。

悔いのないお葬式を行なうためには、事前に家族で話し合い、
葬儀社を選んでおくことが重要となります。

s-img011.jpg s-img013.jpg


そして次に「全葬連葬儀事前相談員資格制度」についての記事が
掲載されております。

「全葬連葬儀事前相談員資格制度」とは、お客様からの事前相談に対して、
より的確に対応し、葬儀に対する安心と信頼を提供するために設立されたものです。

資格認定期間3年と言う更新期限を設けた制度で、
時代の変化とともにお客様に柔軟に対応することのできる相談員だけが
認定される資格です。

安心して葬儀の相談をして頂ける葬儀社を選ぶ基準として
『全葬連葬儀事前相談員制度』をご活用下さい。

s-img014.jpg s-img015.jpg


全葬連では葬祭サービスガイドラインを制定し、遵守しております。
サービスガイドライン
このマークの事業所は信頼できる葬儀社の証です。


八光殿は全国ネットワークの全葬連に加盟しております。
お葬式の事前相談は安心と信頼の八光殿にお任せ下さい。





株式会社 中河内葬祭

八光殿ロゴ


club8510[1]  bana_gomi.jpg
[2012/05/03 11:32] | 未分類 |
東日本大震災慰霊祭開催
こんにちは、八光殿の大町です。

今回は、先日八光殿八尾中央で開催させて頂きました
「東日本大震災慰霊祭」の報告をさせて頂きます。

平成23年3月11日に発生しました東日本大震災では、
たくさんの方々の生命を奪い去るだけでなく
数多くの爪痕を残しました。

平成24年3月11日付けの警察庁の報告でも、
お亡くなりになられた方が15,854名、行方不明者数が3,155名、
建物の被害は全壊が128,411件、半壊が254,450件
と言う甚大な被害が報告されております。

その中で震災発生から1年が経過した平成24年3月11日に、
葬祭業である当社が震災で犠牲になられた方々に対してできることとして、
「東日本大震災慰霊祭」を開催させて頂きました。

s-東日本大震災慰霊祭 067
開式前の様子です

お足元の悪い中にも関わらず、本当にたくさんの方々にお越し頂き
地震が発生した14時46分に合わせ、
参列者皆様の想いを一つにして黙祷を捧げました。

s-東日本大震災慰霊祭 084
会場全体で黙祷を捧げました。

また参列者皆様の手で、献花を行って頂きました。
s-東日本大震災慰霊祭 106

慰霊祭の会場では復興支援チャリティバザーも開催し、
お越し頂きました皆様からご厚志の義援金を募る事ができました。

この義援金は、日本赤十字社を通して
被災地の必要とされている方々へお送りさせて頂きます。

八光殿では、これからも東日本大震災で被害に遭われた方々に
深い哀悼の意を表し、1日も早い復興を祈念いたします。



株式会社 中河内葬祭

八光殿ロゴ


club8510[1]  bana_gomi.jpg
[2012/03/15 11:19] | 未分類 |
全葬連の活動が雑誌に掲載されました
こんにちは、中河内葬祭の高野です。

今日は、当社が加盟している「全日本葬祭業協同組合連合会(以下、全葬連)」の
活動が、株式会社PHP研究所発行の雑誌
「PHP ほんとうの時代 Life+ 1月号」に掲載されましたので、
ご報告させて頂きます。

そもそも全葬連とは何か?
全葬連とは、経済産業大臣の認可を受けている
日本最大の葬祭専門事業者団体です。
全葬連には全国で1421社のネットワークがあり、
葬祭業初の「葬祭サービスガイドライン」を制定するなど、
お客様が安心してお葬式を依頼できる
葬祭専門業者団体です。

全葬連では、平成23年3月11日に発生した東日本大震災においても
全国の加盟葬儀社が被災地に出向き、
棺など物資の提供から、棺の組み立て、ご遺体の保全、
ご納棺及び火葬場までのご遺体搬送などを行いました。

当社も、「東日本大震災おくりびと隊」を結成し、
震災発生直後より被災地に向かい、支援を行いました。
おくりびと隊の活動については→コチラをクリック

今回の雑誌には、
被災地支援についての全葬連松井会長へのインタビューや
被災地での支援活動報告、11月5日に東京で開催された
「東日本大震災犠牲者 合同慰霊祭」の様子が
写真を交えて紹介されています。
興味のある方は、ぜひ雑誌をご覧下さい。

s-h.jpg s-P1.jpg s-P3カット


全葬連では、お客様からのご依頼を得る為
さまざまな取組みを行っております。
その一つが、冒頭でも触れました
全葬連「葬祭サービスガイドライン」の制定です。

葬祭サービスガイドライン
「葬祭サービスガイドライン」遵守事業所はこのマークが目印です!
 詳しく知りたい方は、マークをクリックしてみて下さい。

このガイドラインでは、顧客情報の守秘義務、説明責任、料金体系の明確化
見積書交付の義務などをルール化したものです。
もちろん、当社も「葬祭サービスガイドライン」を遵守し、
お客様に安心してお選びできる葬儀社として
日々業務に取り組んでおります。

お葬式のご相談やご依頼は
八光殿にお任せ下さい!



株式会社 中河内葬祭

八光殿ロゴ


club8510[1]  bana_gomi.jpg
[2012/01/20 12:21] | 未分類 |
このような記事を見つけました
先日、新聞で気になる記事を見つけましたので
ご紹介させて頂きます。
内容は、冠婚葬祭互助会の解約についてです。

記事の概要はこのような感じです
 ↓↓
将来のお葬式や結婚式に備えて一定額を積み立てる
互助会契約を途中で解約した場合に、
高額な手数料を徴収するのは消費者契約法に反するとして、
NPO法人「京都消費者契約ネットワーク」が
冠婚葬祭会社「セレマ」(京都市中京区)に
解約手数料を定めた条項の差し止めなどを求めた訴訟を行い、
判決が先日13日、京都地方裁判所で出ました。
裁判長は「消費者契約法により無効」として
セレマにこの条項の使用差し止めを命じました。

セレマは、業界団体「全日本冠婚葬祭互助協会」の
モデル約款に準じているため条項は適法と主張しましたが、
裁判長から「モデル約款をもって合理的規定として考慮できない」
と退けられたようです。
解約手数料は、月ごとの支払い時に負担した
1回58円の口座振替費に限られる事となりました。

 ⇒詳しくはこちらをクリック


冠婚葬祭互助会の積立制度に関しては、
苦情やトラブルをよく聞きます。
トラブルの原因は、契約の内容がきちんと伝わっていなかったり、
「お葬式費用」や「婚礼費用」、「解約」に対する理解不足など
さまざまなようです。

冠婚葬祭互助会の制度が悪いわけでは
ないですが、ご入会などに関しては
よく考えられた方が良いかと思います。

また、八光殿では互助会の解約に関するご相談なども
承っておりますので、どうぞお気軽にご質問下さい!


株式会社 中河内葬祭

八光殿ロゴ


club8510[1]  bana_gomi.jpg
[2011/12/15 09:20] | 未分類 |
八光殿ブログ開設しました!
はじめまして。

八光殿グループ 株式会社中河内葬祭の大町です。

本日、八光殿グループのブログを開設致しました。

これからこのブログで八光殿グループの取組みをお届けして参ります。

イベントや勉強会などたくさんの情報をお届け致しますので、
どうぞお楽しみにしていて下さい!!

どうぞよろしくお願い致します。

DSC00745_convert_20100321112113.jpg
[2010/03/21 11:25] | 未分類 |
プロフィール

ハッコウデン

Author:ハッコウデン
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる