FC2ブログ
供養玉を打ち上げました
こんにちは。八光殿の大町です。

12月も中盤を迎え、寒さが厳しい日が続いています。
スキーやスノーボードなどウィンタースポーツを楽しむ方にとっては
待ちわびた季節でもありますね。
関西では、兵庫県美方郡にある「ハチ北スキー場」や
兵庫県豊岡市にある「神鍋高原スキー場」などが
例年通りの賑わいを見せているようです。
スキーやスノーボードを趣味とされている方は
春になるまでの間にとことん楽しんで頂きたいと思います!


さて、今回は12月10日に打ち上げました供養玉のご報告をさせて頂きます。

供養玉とは、亡くなられた方やご先祖様の供養として、
八光殿が毎年お盆と年末に打ち上げている花火の事です

地域の皆様に生かされていると言う感謝の心から始めたもので、

『供養の花火が上がるから、

 外に出て、東の空に向って手を合わせる』


八尾にそんな文化が定着し、世代を超えた人々が揃って、
手を合わせる姿を見る事が出来ればとの思いを込めて行なっております。

供養玉の打ち上げは6発で、それぞれに意味があります。

 1発目・・・信号弾(供養玉打ち上げ開始の合図です。)
 2発目、3発目・・・お子様のお供養
 4発目、5発目・・・大人の方のお供養
 6発目・・・全てのご先祖様のお供養

s-4.jpg  s-6.jpg
東の空に打ち上げられた供養玉


次回の供養玉の打ち上げは、2013年のお盆です
ぜひ見かけられたら、花火に向って手を合わせて下さい




ロゴ4-1-AY

club8510[1]
[2012/12/12 14:47] | 供養玉 |
供養玉打ち上げのご案内
こんにちは。八光殿の大町です。

街中でイルミネーションを見かける季節になりました。
クリスマスを前に、関西にもたくさんの人気スポットがあります。
毎年大好評の旧外国人居留地周辺で行われる「神戸ルミナリエ」や
中央公会堂周辺で開催される「OSAKA光のルネサンス」、
京都駅ビルの「巨大クリスマスツリー」を始め、
今年初開催で注目を集めているのが、大阪天王寺公園で行われている
「あべの・天王寺イルミナージュ」です。
寒さも忘れるほどきれいなイルミネーションを見に
皆さんも出かけてみてはいかがでしょうか?


さて、今回は供養玉のご紹介をさせて頂きます。
供養玉とは、亡くなられた方やご先祖様の供養として、
八光殿が毎年お盆と年末に打ち上げている花火の事です

地域の皆様に生かされていると言う感謝の心から始めたもので、

『供養の花火が上がるから、

 外に出て、東の空に向って手を合わせる』


八尾にそんな文化が定着し、世代を超えた人々が揃って、
手を合わせる姿を見る事が出来ればとの思いを込めて行なっております。
 供養玉についてはこちらをクリック  過去の供養玉

来る、12月10日(月)18時より供養玉の打ち上げを行います。

打ち上げの内容をご紹介します。
       
 1発目・・・信号弾(供養玉打ち上げ開始の合図です。)
 2発目、3発目・・・お子様のお供養
 4発目、5発目・・・大人の方のお供養
 6発目・・・全てのご先祖様のお供養

s-3.jpg s-4.jpg
過去の打ち上げ
 
12月10日の18時に、ご家族揃って東の空を向き
花火に向って手を合わせて頂ければと思います





ロゴ4-1-AY

club8510[1]
[2012/11/29 14:59] | 供養玉 |
供養玉を打ち上げました
こんにちは。中河内葬祭の大町です。

8月も下旬に差し掛かりましたが、連日続く残暑に
夏バテ気味の方も多いのではないでしょうか。
そんな夏バテに有効な食材には夏野菜として有名な
ゴーヤやトマト、きゅうりやなすびなどがあります。
またウナギやカレーなども夏バテには効果的と言われています。
まだまだ厳しい残暑が続きそうですので、
食事からスタミナをつけて夏バテ予防に役立ててみてはいかがでしょうか。


先日、八光殿では毎年恒例となっている供養玉の打ち上げを行いました

供養玉(くようだま)とは、亡くなられた方やご先祖様の供養として、
八光殿が毎年お盆と年末に打ち上げている花火の事です

地域の皆様に生かされていると言う感謝の心から始めたもので、

『供養の花火が上がるから、

 外に出て、東の空に向って手を合わせる』


八尾にそんな文化が定着し、世代を超えた人々が揃って、手を合わせる姿を見る事が出来れば
との思いを込めて行なっております。

それでは、供養玉の内容をご紹介したいと思います。
 1発目・・・信号弾(供養玉打ち上げ開始の合図です。)
 2発目、3発目・・・お子様のお供養
 4発目、5発目・・・大人の方のお供養
 6発目・・・全てのご先祖様のお供養


供養玉打ち上げの様子

s-IMG_4130[1] s-IMG_4134[1]
 


次回の供養玉の打ち上げは、2012年の12月です
見かけられたら、ぜひ花火に向って手を合わせて下さい




株式会社 中河内葬祭

八光殿ロゴ

club8510[1]  bana_gomi.jpg
[2012/08/22 16:41] | 供養玉 |
供養玉を打ち上げました
こんにちは。中河内葬祭の大町です。

今年も、8月16日に「五山の送り火」が行なわれましたね。
20時に点火された東山如意ケ嶽の『大文字』に始まり、
『妙法』『船形』『左大文字』『鳥居型』と京都の夜を彩っていました。
関西のお盆の風物詩と言っても過言ではないこの「五山の送り火」ですが、
実は、確かな起源は分かっていないそうなんです。
しかし、市民の間ではいつからかお盆の“精霊送り”として定着してきたそうですよ。


そんな「五山の送り火」に負けない、お盆の行事の1つとして・・・

八光殿グループでは、毎年恒例となっている供養玉の打ち上げを行いました

供養玉(くようだま)とは、亡くなられた方やご先祖様の供養として、
八光殿グループが毎年お盆と年末に打ち上げている花火の事です

地域の皆様に生かされていると言う感謝の心から始めたもので、

『供養の花火が上がるから、

 外に出て、東の空に向って手を合わせる』


八尾にそんな文化が定着し、世代を超えた人々が揃って、手を合わせる姿を見る事が出来れば
との思いを込めて行なっております。

また今年は、3月11日に起こった東日本大震災で犠牲となられた方々へのお供養として
毎回打ち上げている数に1発を加えた、計7発を打ち上げました。


供養玉打ち上げの様子
s-IMG_4128[1]
【信号弾】:1発                        
*打ち上げ開始の合図です


s-IMG_4129[1]  s-IMG_4130[1]
            【子供さんのお供養】:2発

s-IMG_4131[1]  s-IMG_4132[1]
            【大人の方のお供養】:2発

s-IMG_4133[1]
【全てのご先祖様のお供養】:1発

s-IMG_4134[1]
【東日本大震災で犠牲になられた方々のお供養】:1発



次回の供養玉の打ち上げは、2011年の年末です
見かけられたら、ぜひ花火に向って手を合わせて下さい




株式会社 中河内葬祭

八光殿ロゴ

club8510[1]  bana_gomi.jpg
[2011/08/18 10:56] | 供養玉 |
供養玉打ち上げ
こんにちは、中河内葬祭の大町です。
2010年も残すところあと数日となりました。
新年を迎える準備は、順調に進んでいますでしょうか

さて、先日八光殿グループでは、供養玉の打ち上げを行いました。

供養玉(くようだま)とは、亡くなられた方やご先祖様の供養として、
八光殿グループが毎年お盆と年末に打ち上げている花火の事です

地域の皆様に生かされていると言う感謝の心から始めたもので、

『供養の花火が上がるから、

外に出て、東の空に向って手を合わせる』


八尾にそんな文化が定着し、世代を超えた人々が揃って、手を合わせる姿を見る事が出来れば
との思いを込めて行なっております。

供養玉の打ち上げ数は6発となっており、それぞれに意味があります。
今回の写真を元に、説明させて頂きます

まず1発目です
s-1.jpg
小さめのこちらの花火は「信号弾」です。
「今から供養玉を打ち上げますから花火の見える位置まで出てきて下さい」
そんな意味の花火です。


そして2発目・3発目です
s-2.jpg  s-3.jpg
こちらの花火は「子供さんの供養」として打ち上げています。


4発目・5発目です
s-4.jpg  s-5.jpg
こちらの花火は「大人の方の供養」として打ち上げています。
子供さんの供養の花火に比べると、少し大きめの花火になっています。

最後6発目です
s-6.jpg
こちらは「全てのご先祖様の供養」として打ち上げております。
6発の中でも一番華やかな花火になっています


また今回より、八尾市内のお寺様にもご協力頂き、
供養玉の打ち上げ時間に合わせて、お寺にある鐘を打って頂きました

ご協力頂きましたご寺院様には、本当にありがとうございました。


次回の供養玉の打ち上げは、2011年のお盆です
ぜひ見かけられたら、花火に向って手を合わせて下さい


八光殿ロゴ
株式会社 中河内葬祭

[2010/12/29 13:52] | 供養玉 |
プロフィール

ハッコウデン

Author:ハッコウデン
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる