FC2ブログ
「美白ローション作り体験」レポート
こんにちは、八光殿四條畷の石伏です。

7月に入り、暑い日が続いていますね。
これだけ暑いと「かき氷」が食べたくなりますよね。
最近のかき氷は、氷にただシロップを
かけているだけではないのをご存知ですか?
東梅田にある「雪ノ下工房」では、
果汁を凍らせた氷で作ったかき氷が食べられるそうです。
また、茶屋町にある「ホテル阪急インターナショナル」では
アールグレイ100%でできたかき氷が食べられるそうですよ。
普通のかき氷ではもう満足できないと言う方は、
ぜひこの夏に、こだわりかき氷を食べてみてはいかがでしょうか?


今回は、先日開催致しました
「日焼け止め美白ローション作り体験」のレポートをお届けします。

講師には、AEAJ認定 アロマテラピーインストラクターの
兵庫 つげこ 様をお迎えし、美白ローションの作り方を教えて頂きました。

逕サ蜒・006_convert_20130704175350
講師の兵庫様

はじめに、アロマの魅力として、芳香浴について教わりました。

芳香浴は、アロマポットやアロマライト、
ディフューザーなどを使ってお部屋に香りを漂わるもので、
ストレスの軽減やリラックス効果を得られるそうです。

ところで、皆さんはお好きな香りがありますか?
シトラス系やハーブ系、フローラル系、ウッディー系、オリエンタル系など
様々な種類がありますので、好みの香りを探して試してみてください。

アロマの魅力を知ったところで、いよいよ本題の美白ローション作りです。

先生の説明を聞きながら、順番に天然水やローズウォーターなど、
いろんな材料を混ぜていくだけで簡単に出来ました。

繝ュ繝シ繧キ繝ァ繝ウ2-2_convert_20130704174120
完成した美白ローション

完成した美白ローションは、朝でも晩でもいつでも使用できるもので
これからの紫外線対策に効果的だそうです。

繝ュ繝シ繧キ繝ァ繝ウ1_convert_20130704174327
セミナーの風景

参加された皆様からは、
「詳しく説明して頂けたので、アロマに関する知識が深まりました。」
「自分で作った美白ローションなので、安心して使いたいと思います。」
と言ったお声を頂戴致しました。


八光殿四條畷ではこれからも様々なセミナーを開催して参ります。
興味のあるものがございましたら、お気軽にご参加下さい!




八光殿四條畷

ロゴ4-1-AY

club8510[1]
[2013/07/12 09:01] | 2013年八光殿セミナー 四條畷 |
「エンディングノートの書き方講座」レポート
こんにちは、八光殿四條畷の小森です!

皆さんは「ウォリアーダッシュ」をご存知ですか?
老若男女が楽しめる5kmの障害物レースで、
2009年7月にアメリカで誕生したそうです。
誕生以来世界9カ国で200万人が熱狂したと言われる
「ウォリアーダッシュ」が、ついに先日日本に初上陸し、
約3000人が参加する大イベントとして
神奈川県のさがみ湖リゾートプレジャーフォレストで開催されました。
「泥池渡り」や「たき火の飛び越え」など15の障害物が用意されたそうですよ。
今後、日本でも徐々に広がりを見せるであろう
「ウォリアーダッシュ」を機会があれば体験してみたいですね!

さて今回は、先日八光殿四條畷にて開催致しました
終活セミナー「エンディングノートの書き方講座」のレポートをお届けします

八光殿四條畷ではすでに何度も開催されている人気のセミナーなのですが、
中には「エンディングノート」と聞いて「どんなノートですか」と
問い合わせをされる方もまだまだ少なくありません。

そこで今回は、実際のエンディングノートをお渡しし、
中身を見て頂きながら、一つ一つご説明させて頂きました。

最近は、エンディングノートを含めた人生の終末に向けた準備を行う
“終活”と言う言葉が最近話題になっています。

そんな「終活」について、「終活ってそもそもなに?」と言ったお話しから
エンディングノートを残すメリットまで
厚生労働省認定 葬祭ディレクター技能審査 1級葬祭ディレクターの資格を持つ
八光殿のスタッフ久保宏司と私、小森信行が丁寧にお話しさせて頂きました。


IMG_0608.jpg
セミナーの風景

皆さん興味深そうにお話しを聞いて下さり、セミナー終了後には
「時間のある今から“終活”を始めたいと思います。」
「クイズがあったりしてすごく楽しいセミナーでした。」
と言った感想を頂く事が出来ました。

暑い中、セミナーにご参加頂き、ありがとうございました!

八光殿ではこれからも様々なセミナーを行って参りますので
気になるものがございましたら、お気軽にご参加下さい。



八光殿四條畷

ロゴ4-1-AY

club8510[1]
[2013/06/30 13:35] | 2013年八光殿セミナー 四條畷 |
「これを知ればもう安心!知っておきたいお香典の金額と書き方」開催のお知らせ
こんにちは、八光殿四條畷の古屋です。

先日、グリコ乳業さんの「プッチンプリン」が
世界一売れているプリンとして、ギネス世界記録に認定されたそうです!
「プッチンプリン」と言えば、容器をお皿に伏せて、
容器の底にある突起を折るとプリンが落ちる仕組みになっている
あの大人気プリンです。
発売から約40年間で販売累計戸数が51億個を突破と言うすごい記録で、
2012年10月末にギネス世界記録の認定を受けたそうです。
「プッチンプリン」の突起を折る、あの「プッチン」と言う感覚で
これからもたくさんの人を楽しませてもらいたいと思います!


今回は、八光殿セミナー

「これを知ればもう安心!

 知っておきたいお香典の金額と書き方」


のご案内をさせて頂きます

急に訪れる訃報・・・。

お通夜やお葬式で用意するお香典の金額や香典袋の書き方に
戸惑った経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか?

今回は、意外と知らないお香典にまつわるお話を
厚生労働省認定 葬祭ディレクター技能審査 1級葬祭ディレクターの資格を持つ、
当社スタッフ 小森信行がご説明させて頂きます。

皆様、お誘い合わせの上、ぜひご参加下さい。

ma-ku_006_20121219114833.jpg
過去のセミナーの風景


八光殿セミナー

「これを知ればもう安心!

 知っておきたいお香典の金額と書き方」


開催日時 : 平成25年1月20日(日)午前10時から

開催場所 : 八光殿四條畷(四條畷市中野2丁目2番26号) 

定   員 : 20名(先着順)

費   用 : 無料

お問合せ : 0120-66-8510


申し込みは定員になり次第締め切りとなりますので、
お早目にお電話下さい



八光殿四條畷

ロゴ4-1-AY

club8510[1]
[2013/01/15 10:02] | 2013年八光殿セミナー 四條畷 |
「はがき絵体験」開催のお知らせ
こんにちは、八光殿四條畷の古屋です。

2020年に開催される夏期五輪の開催地を決める
国際招致活動がスタートしました。
開催地に名乗りを上げている東京の五輪招致大使を務めるのが、
サッカー日本女子代表「なでしこジャパン」
そしてINAC神戸で活躍されている澤穂希選手です。
昨年のロンドン五輪ではベッカム選手が、
2016年のリオデジャネイロ五輪ではペレ選手が
候補地を決める際に尽力されたそうです。
世界的な知名度があるサッカー選手は影響力も大きいそうで、
2011年度の国際サッカー連盟 年間最優秀選手賞に輝いた
澤穂希選手の知名度は抜群です!
候補地が決まる9月に嬉しいニュースが聞ける事を楽しみにしたいと思います。


さて、今回は

八光殿セミナー「趣味発見!はがき絵体験」のご案内をさせて頂きます

はがき絵とは四季折々の絵を描き、一言メッセージを添えて送るものです。

はがきに季節の絵を添えて相手に贈る「はがき絵」は、
メールや印刷のはがきにはない温かみがあります。

今回講師としてお招きするのは書道教室 墨庵(ぼくあん)の先生で、
毛筆を使ったはがき絵を教えて頂きます。

書道教室 墨庵様は、テレビ番組などの題字やオリジナルロゴを書かれる
ご依頼も受けておられる、有名な書道教室です。
ホームページはこちら

水墨画と同じ方法で行いますので、
落ち着いた雰囲気のはがき絵を作ることができます

墨の濃淡で雰囲気を出しながら絵具で色を付けますので
華やかなはがき絵を描くことが出来ます

この機会に自分で描いたはがき絵を大切な方へ送ってみてはいかがですか?

012_20121213192623.jpg 過去のセミナーの様子



八光殿セミナー

「趣味発見!はがき絵体験」

開催日時 : 平成25年1月18日(金)午前10時から

開催場所 : 八光殿四條畷(四條畷市中野2丁目2番26号) 

講   師 :書道教室 墨庵(ぼくあん)

定   員 : 20名(先着順)

費   用 : 無料

お問合せ : 0120-66-8510


絵が苦手という方もプロの先生が
丁寧に教えて下さるので安心です

尚、申し込みは定員になり次第締め切りとなりますので、
お早目にお電話下さい



八光殿四條畷

ロゴ4-1-AY

club8510[1]

[2013/01/11 09:41] | 2013年八光殿セミナー 四條畷 |
プロフィール

ハッコウデン

Author:ハッコウデン
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる